トーシンパートナーズでマンション経営スムーズ【頼れるパートナー】

賃貸管理会社選びも重要

マンション

火災保険と地震保険が人気

災害は一瞬で資産を無くすこともあるため、普段の生活において多くの人が何らかのリスク対策を複数取っています。マンション経営においても同様で、特にその中で災害のリスクが高い、火災と地震に対する備えとして保険加入が人気です。火災と地震はそれぞれ火災保険と地震保険の加入で大きなリスク対策となります。新耐震基準以降に建てられたマンションは基本的に地震にも非常に強く、大規模な被害は起きにくいですが、それでも地震で壁に亀裂が出来たり、液状化といった恐れがあります。火災も同様に、全戸が燃えることは通常あり得ませんが、リスクの1つです。万が一の備えとして、火災保険と地震保険はマンション経営においても高い人気のあるリスク対策です。

賃貸管理会社選びの工夫

賃貸管理会社は、現代のマンション経営では欠かせない大切なパートナーとなっているオーナーが多数います。煩雑な不動産経営に関わる事務を代わりに行ってくれ、賃料管理や滞納督促など様々な業務を頼めます。それだけに優秀な賃貸管理会社選びを行う工夫が大切になります。優秀な賃貸管理会社は管理の実務能力が優れているのはもちろん、入居者募集といった重要なリスク対策もしっかりと行えます。マンション経営では空室は最大のリスクとされていますが、優秀な賃貸管理会社ならば入居者を募集するための営業力もあり、空室を極力作らないようにしてくれます。このような優れた賃貸管理会社を選び抜くためにも、管理を頼む時にはその会社の実績や評判、取り扱える業務などを吟味して会社を選ぶ工夫が大切です。